体内時計を整えれば、不眠や肌荒れも解消されて、ダイエット効果もアップします!

体内時計を整えて、ダイエット効果アップ!

まずは、「体内時計」について知ろう。

24時間のリズムを刻む、体内時計って、どんなもの?

人間は普通、昼間は活動的になり、夜は自然に眠くなるものです。
また、大体いつも同じ時間になるとお腹が空きますよね。
このような生活リズムには、人間の身体にある「体内時計」が深く関係しているのです。

体内時計と聞くと、もっと感覚的なものをイメージする人も多いかと思いますが、近年は体内時計に関する研究も進み、体内時計は病気との関わりがあるということもわかってきています。
ちゃんと「時間医学」という医学のカテゴライズとして、体内時計を使った病気の治療や病気の予防のための研究も行われているのです。
体内時計を整えて、ダイエット効果アップ!

体内時計の具体的な仕組みって?

体内時計は、脳内にある親時計の他にも、人間の身体のあらゆる部分に子時計があります。
この親時計と子時計が上手に連動しながら生み出しているのが、24時間のリズムなのです。
24時間のリズムというと、皆さん良くご存知の「地球の自転」と同じ時間です。

では何故、体内時計が、地球の自転と同じリズムを刻んでいるのかというと、それは人間が、この地球で生き、子孫を残すには、地球の時間を知り、そして地球の時間を利用する必要があるからなのです。

現在の体内時計の研究では、体内時計が乱れてしまうと、糖尿病・高血圧・コレステロール値異常の原因となることがわかってきています。
更に恐ろしいことに、体内時計の乱れは、癌や骨粗しょう症とも深い関わりがあるのです。

体内時計が乱れると、太るって本当なの?

ダイエットをしていると、よく「夜中に食べると太るよ!」なんていう言葉を聞きますよね。
実は、この「夜中に食べると太る」のも、体内時計が大いに関係しているのです。

実際問題として、現代人の摂取カロリーは、昭和の時代に比べると、むしろ減少しているのですが、それにも関わらず、今の日本は肥満の人が増え、肥満が問題となりつつあります。
これは食べ物の内容だけではなく、食事を摂る時間、つまり「食べる時間」にも問題があると言われているのです。

体内時計の研究が進んだ結果、体内時計の遺伝子の一つである、B-mal1(ビーマルワン)が、肥満の原因に大きく関わっていることがわかったそうです。
B-mal1は、夜間に翌日の活動に備えてエネルギーの元となる脂肪を体内に溜め込むように指令を出すのです。
だから、18時を過ぎると人間はより脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。
余談ですが、最も脂肪を蓄えやすい時間は午前2時だという事がわかっています。

このように、「夜中に食べると太る」原因というのは、実は科学的にも証明されているものなのです。

体内時計を意識した生活を送ろう

現代は、人それぞれの生活スタイルや勤務時間があり、それらの多様化により、食事の時間や睡眠時間が不規則になり、体内時計が乱れやすい環境になっています。
今もしあなたが「ダイエットをやっているのに、何故か体重が落ちない」「きちんと休んでいるのに疲労が取れない」といった、身体の不調があるのならば、一度、体内時計をリセットした方が良いかもしれません。

健康的で若々しい生活のためにも、体内時計を意識した生活をおくることは非常に重要です。
例えば、新しく皮膚をターンオーバーさせるための細胞や、髪の毛を健康に保つための細胞にも、体内時計の遺伝子は存在します。
だから、健康のためだけではなく、美容のためにも「体内時計」の働きはとても重要なのです。

とはいえ、規則正しい生活と聞くと、なんとなく「面倒」「無理」なんて思ってしまいがちです。
ですが逆に言えば、体内時計の力を上手に活用すれば、事前に病気を予防し、美しく若々しく、しかも健康的に過ごすことが出来るのです。
しかも、ダイエット中の人は、体内時計を見直すだけで、ダイエット効果が一気にアップするかもしれません。
誰しもが体内に持っている体内時計だからこそ、その体内時計を活用し、今よりも更に健康的で若々しい肉体と生活を目指すことができるのです。

ハーブと体内時計の意外な関係

近年の研究では、食事だけでなくお茶やコーヒーを習慣的に飲むことにも、体内時計を整える効果があることがわかってきています。
人間の脳内にある親時計の他にも、体内の臓器などにある子時計にも働きかけ、サーカディアン・リズムの乱れを調整してくれるのです。
また、トケイソウなどのハーブに含まれる成分の一つである「ハルミン」にも、体内時計を整える働きがあることがわかってきました。
人間のDNAに結合して、体内時計が正常に働くよう調節する効果のあるタンパク質「B-mal1」に作用するハルミンには、朝の起床時間を調節し、夜に健全で深い眠りをもたらす効果があります
今後、このハルミン以外にも、様々なハーブの作用が研究によって明らかになれば、体内時計のリズムを整えるための治療にハーブが用いられる機会が増えるかもしれません。
体内時計を整えて、ダイエット効果アップ!