「日焼けが健康に良い」とされていたのは、もう昔の話。

日焼け対策

過度の日焼けは皮膚がんや光老化の原因になり、百害あって一利なしです。

紫外線の強い場所にいなければならないマリンスポーツでは、どうしても「紫外線を浴びない」という選択肢がありません。
マリンスポーツの場合は、如何に紫外線を防ぐか・浴びた紫外線をどうケアするかが大事です。

このサイトでは、マリンスポーツ時の日焼け対策だけでなく、うっかり焼いてしまった時の対処法や、海で遊んだ後のケアの方法も紹介しています。
海外や沖縄などの離島で、うっかり日焼けしちゃった…!
なんてことがないように、しっかり対策しましょう!

長期間日焼けをし続けると…? とっても怖い、日焼けのリスク

日焼けのリスク

上の写真は、28年間トラックを運転したアメリカの男性の写真です。(クリックで拡大)
この男性の症例はフォトエイジングと言われ、慢性的に長期間、紫外線にさらされていた結果の症例です。
彼は顔の左側にばかりずっと紫外線を浴び続け、パッと見てわかるぐらい、顔の左側半分だけが老化してしまいました。

驚くべきなのは皮膚の老化は勿論のこと、目の大きさまで変わってしまっていること。 現地のメディアの報道によると、紫外線を浴び続けて老化した左側の肌は、肌表面自体の厚みもぶ厚くなってしまったとのこと。
このことからも如何に紫外線を浴び続けることが肌に有害かがおわかり頂けるかと思います。

この男性の症例は、ノースウエスタン大学の皮膚科学者ジェニファー.R.S.ゴードン氏とジャクイーン.C.ブレイバ氏によって解説されています。

元の記事はこちらから。(英語サイト)