発酵プエラリア配合サプリメント ドクタープエアグア
発酵プエラリア配合バストケアサプリ【Dr.Pueagua】

オルビス無料サンプル

プエラリアの安全性

プエラリアは服用による副作用のリスクが有るとはいえ、現在の日本国内では「食品」という扱いになっています。
ですが、プエラリアに含まれる植物性エストロゲンであるデオキシミロエステロール・ミロエステロールなどは、大豆等に含まれるイソフラボンよりも更に強力に女性ホルモンに作用することがわかっています。
そのため、プエラリアを服用した際の副作用のリスクというのはけして無視することは出来ません。
ここではプエラリアの動物試験・ヒト試験の結果について詳しく解説します。

温感成分配合の新感覚バストケアクリーム「モテプエラリア」
温感成分配合の新感覚バストケアクリーム「モテプエラリア」

プエラリアの動物試験

動物試験の全体的な結果として、プエラリアの反応が出やすいのはオスよりもメスの方が高く、メスのほうがプエラリアの摂取量が少なくても様々な影響が見られることがわかっています。
具体的な試験例として、サルを用いた試験では、1日にプエラリアを10mg~100mgの投与すると、月経の周期の延長が見られ、更に1日に1000mgの投与で月経が停止しました。
また、1日に10mg以上の投与で、投与量に依存した血中エストラジオール(エストロゲンの一種)・性腺刺激ホルモン・プロゲステロンの低下が見られました。
このことから、メスの場合は排卵を抑制する可能性があると言えます。

また、ラットを用いた実験では、14日間で10~1000 mg/kgBWのプエラリアの投与により、血中性腺刺激ホルモンはメスの方に高く見られ、プエラリアの摂取中断による回復もメスの方が遅いという結果になっています。
また、臓器の重量の増加・組織の形態変化なども、メスの方がプエラリアの摂取量が低い状態で見られることがわかっており、このことからもメスの方がプエラリアの影響を受けやすいと言えます。

プエラリアのヒト試験

具体的なヒト試験例として、更年期性の血管運動性症状(ほてり、寝汗など)が見られる閉経期~閉経後の女性37名を対象としたヒト試験では、プエラリア含有カプセルを1日に50~100mg、6ヶ月間摂取した場合、更年期の症状が緩和されたのですが、血中エストラジオール(エストロゲンの一種)の変動が見られ、更に一部の被験者の中には貧血の症状や肝機能検査値の変動が見られました。
プエラリアの日本国内での死亡例についてはこちらから

プエラリアの細胞および試験管内試験

プエラリアの抽出物を使った細胞および試験管内試験では、プエラリア抽出物は、ヒト乳がん由来培養細胞の細胞増殖を亢進するという報告があります。

ナチュラルプエラリア ナチュラルプエラリア送料無料リピーター多数楽天ランキング1位
楽天ランキング1位獲得!グラビアアイドルも愛用しているプエラリア高配合のバストケアサプリメントです。
エラリアだけでなく、ザクロ、ハトムギなどの女性に嬉しい成分による、女性ホルモンサポートで、実感度が全然違います♪
高品質なプエラリアをタップリと配合した、悩める女性のためのプエラリアサプリメントです。

PAGE TOP