発酵プエラリア配合サプリメント ドクタープエアグア
発酵プエラリア配合バストケアサプリ【Dr.Pueagua】

化粧品や食品に含まれる添加物とは

プエラリアサプリやプエラリアコスメにも見られる、化粧品や食品に含まれる様々な添加物や化学成分について解説してみました。
いずれも「アレルギーを引き起こす可能性がある」成分ではありますが、国内での基準を満たした添加物ばかりですので、単に「人工添加物=悪」と決めつけるのも良くありません。
自分にとってのメリット・デメリットをよく考え、それぞれの添加物の特性を理解し、上手に付き合っていくと良いでしょう。
また、肌が弱い方・アレルギーの心配がある方は、使用前に必ず事前に医師のの診察を受け、自分のアレルギーや肌の状態についてしっかりと理解を深めておくことが大切です。

パラベン

化粧水などに良く含まれている成分で、正式名を「パラオキシン安息香酸エステル類」と呼ぶ、いわゆる殺菌防腐剤のことを指します。
パラベンには様々な種類があり、メチルパラペン・エチルパラベン・プロピルパラベンなどがこれに当たります。
臭いはほどんど無く、毒性も低く、皮膚に対する刺激なども比較的少ないので、比較的安全な防腐剤とされている成分で、食品に使われることもあります。
化粧品類は開封するとすぐに劣化が始まります。パラベンの主な役割は、人の手などから入り込む雑菌の繁殖を防ぎ、化粧品の変質や劣化を防ぐ役割を担っています。
国内で市販されている化粧品は、薬事法で3年間の品質保証期間が必要なため、化粧品の品質保持のために、様々な化粧品に使われているのが現状です。
パラベンフリーと呼ばれる、パラベンを使用していない化粧品の場合、当然その分、その製品は早く消費しなければならないというデメリットがあります。

ラウリン酸ポリグリセリル

ラウリン酸ポリグリセリルとは、植物性脂肪酸であるラウリン酸に、植物由来の水溶性保湿成分であるグリセリンによって得られる、非イオン系(ノニオン)界面活性剤です。
類似性分にはラウリン酸ポリグリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル、ラウリン酸ポリグリセリルなどがあります。
ラウリン酸ポリグリセルには水分と油分を乳化し、その品質を保つ効果があります。また、ラウリン酸ポリグリセルに限ったことではないのですが、界面活性剤には高い洗浄力があり、その中でもラウリン酸ポリグリセルの洗浄力は比較的低刺激だと言われています。
そのせいか、ラウリン酸ポリグリセルは食品添加物としても認められています。
また、ラウリン酸ポリグリセルには嫌なヌルつきやベタベタ感がなく、皮膚の保湿保護成分としても使用されることがあります。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、化粧品の劣化を防ぐために使われる防腐剤です。
ですが、フェノキシエタノールには毒性がある上に揮発成分も含むため、化粧品への含有量は厳しく定められています。
更にフェノキシエタノールのを使った製品の使い方を誤ると、咳や咽頭痛・頭痛などの人体にとって有害な弊害が起こる可能性があります。ですから、喘息の持病がある方は、フェノキシエタノールの入った製品は避けた方が良いでしょう。
フェノキシエタノールのメリットは、少量でも効果が高いということです。しかも毒性はパラベンより弱いというのも良い点でしょう。ですがその分、パラベンよりは防腐効果は劣ります。

pinky plus ピンキープラス pinky plus ピンキープラス送料無料プチプラ価格効果を実感できる
バストアップはしたいけれども、プエラリアの副作用が気になる…。そんな女性のための安心・安全なプエラリア不使用のバストアップサプリメントです。
もちろん、プエラリアサプリメントの補助としてもお飲みいただけます。購入しやすいプチプラ価格も魅力的。まとめ買いだと更にお得価格に!おすすめです。

PAGE TOP