発酵プエラリア配合サプリメント ドクタープエアグア
発酵プエラリア配合バストケアサプリ【Dr.Pueagua】

プエラリアコラム

プエラリアの具体的なリスク

プエラリアは過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、それによってニキビ・生理不順・肌荒れ・便秘・下痢・胃の違和感などの様々な副作用が起こる可能性があります。
プエラリアのリスクについてはこちらから

温感成分配合の新感覚バストケアクリーム「モテプエラリア」
温感成分配合の新感覚バストケアクリーム「モテプエラリア」

プラセンタの具体的なリスク

前述の通り、プラセンタは、ヒト由来のプラセンタ(胎盤)から様々な有効成分を抽出した医薬品です。
プエラリアとプラセンタの効果についてはこちらから

プラセンタ薬剤の製造にあたっては、原料に細菌やウィルスに汚染されているヒトプラセンタが混入しないように、汚染防止対策がとられています。
これにより、エイズ(後天性免疫不全症候群)をはじめ、成人T細胞白血病、梅毒、結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、リンゴ病などの陰性が確認されています。
現在、本製品を含めたヒトプラセンタを原材料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したという報告は、国内及び海外共にありません。

とはいえ、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の伝播のリスクを理論上、完全に否定することは出来ないため、2006年8月24日厚生労働省は、今後(2006年10月以降)変異型クロイツフェルト・ヤコブ病等の輸血感染を防ぐため、胎盤エキス(プラセンタ)を注射した方は、献血を控えるようにとの通達が発表されました。
とはいえ、この措置はあくまでも「可能性が完全否定できない」というリスクの回避・および輸血の安全性を高めるためのものあり、今までに感染例の報告はないことが知られています。
また、プラセンタ薬剤の中でも、内服薬に関しては通達はありません。

それぞれのリスクを理解して使用する

プエラリアもプラセンタも、どちらを使用する際も、まずはそれぞれのリスクを十分理解し、医師から処方されたものに関しては、必ず医師の指示の通りに服用しましょう。
また、服用中に体調不良が起きた場合は直ちに服用をやめて、早めに医師の診察を受けましょう。

ブラヴィ フェイスクリーム ブラヴィ フェイスクリーム送料無料トライアル価格あり効果を実感できる
高品質のプエラリア・ミリフィカを配合したフェイスクリーム。天然ハーブ「プエラリア・ミリフィカ」をはじめ、アルブチンやスクワラン、セラミドを配合した、ふっくら、みずみずしさが欲しい方におすすめのフェイスクリームです。
乾燥肌で肌のみずみずしさが不足していると感じている方、くすみ・たるみが気になる方、効果の実感できるフェイスクリームをお探しの方に。

PAGE TOP