可愛い兵児帯のアレンジ結び

可愛い兵児帯のアレンジ結び

輪ゴム数本さえあれば誰でも簡単にできる、まるでお花のような可愛い可愛い兵児帯のアレンジ結び。短めのプチ兵児帯で帯の前の飾りとして結んでも可愛い!
完成した帯結びにコサージュやブローチなどをつけても可愛い、とにかく様々なアレンジが可能な楽しくて可愛い帯結びです。

可愛くて簡単に結べる兵児帯のアレンジ結び

基本の文庫結びの簡単アレンジ

この帯結びは、結び始める前に普通の帯で文庫結びを胴体の前で締めておきます(後ろにまわさなくても良い)。「基本の文庫結びの簡単アレンジ」を見て、結んでおきましょう。そして兵児帯を結び始める前に、輪ゴムを数本を用意しておきます。

1.胴に帯を1回巻きます。

1.胴に帯を1回巻きます

胴体の前で文庫結びをした固い帯の上に、フワフワの兵児帯を一巻きして結びます。テとタレの長さは同じでOKです。

2.1の結び目の根元をつまみます。

2.1の結び目の根元をつまみます。

結び目の根元のあたりをこぶし一つ分ぐらいの大きさになるようにつまみます。

3.1の結び目に近い部分を輪ゴムで結びます。

3.1の結び目に近い部分を輪ゴムで結びます。

写真のように、1の結び目近くでこぶし1つぐらいの大きさになるように結び、花びらを作ります。花びらの大きさは自分の身体の大きさとのバランスを見て決めて下さい。身体が小さい方は小さめの花びらに、大きい方は大きめの花びらにするとバランスが良く見えます。また、あえて花びらの大きさをランダムにすると、ちょっと変わったデザインになります。

4.花びらを更に増やしていきます。

4.花びらを更に増やしていきます。

1の結び目近くに、3の手順でどんどん花びらを増やしていきます。兵児帯の余り部分が20センチぐらいになるように作っていきます。

5.花びらを増やしていったところ。

5.花びらを増やしていったところ。

花びらを作る際のポイントは、花びらを作るゴムの結び目の場所に注目。一つ一つの花びらの結び目は離れていないことがわかります。

6.反対側の帯にも花びらを作ります。

6.反対側の帯にも花びらを作ります。

左に花びらを作っていた場合は右側の帯、右に花びらを作っていた場合は左側の帯に、花びらを作っていきます。こちらも兵児帯の余り部分が20センチぐらいになるように作っていきます。

7.花びらの根元をまとめます。

7.花びらの根元をまとめます。

花びらの根元をまとめて、綺麗に整えます。輪ゴムで結んだあたりをギュッとまとめて持つのがポイント。ここで花弁の形をキレイに花の形に整えておきます。

8.花びらの根元を輪ゴムで縛ります。

8.花びらの根元を輪ゴムで縛ります。

まとめた花びらの根元を、輪ゴムで一つに縛ります。写真ではわかりやすいように赤色の輪ゴムで結んでいます。

9.形を整えたらできあがり!

9.形を整えたらできあがり!

兵児帯の輪ゴムが見えないようにフンワリと花の形に整えて、下の文庫結びの帯と一緒に帯を時計回りに胴を半周させ、背中心(背中)に持っていったらできあがり!どうしても輪ゴムが見えてしまう場合は、コサージュやブローチなどで輪ゴムを隠すと良いでしょう。