潜水士として働きたい -公務員潜水士-

このサイトをご覧の方の中には、潜水士の資格を取ったら本格的に潜水しとして仕事をしてみたいと考えている方も多いのではないのでしょうか。
「潜水士」というと、どうしても海上保安庁の「海猿」のイメージが強いかもしれません。ですが、「公務員潜水士」にも、様々な業種があります。

ここでは様々なジャンルの「公務員の潜水士」の仕事をご紹介します。

海上保安庁や消防庁のレスキューや災害派遣をメインとするダイバー

まず、海上保安庁のダイバーになるには、海上保安大学校海上保安学校を卒業し、巡視船艇で一定期間の勤務で経験を積み、様々な条件をクリアーした人が、潜水研修の研修生として年2回、選抜されることになります。

もちろん、潜水研修の研修生になったあとに、様々な条件で研修生を外されることもあります。そして、厳しい潜水研修を修了し、潜水士国家試験に合格すると、晴れて海上保安庁の潜水士としてのキャリアがスタートすることになります。

ちなみにあの有名な「特殊救難隊」には、海上保安庁の潜水士になっただけではなれません。まずは海上保安庁の潜水士として一定の経験を積んだ人の中から、本人の希望と適性検査を行い、晴れてなることができる、難関中の難関なのです。
それだけに仕事の内容も非常にハードで厳しいものとなっていますので、目指すにはそれなりの覚悟が必要です。

専門的な仕事をする自衛隊のダイバー(海上自衛隊潜水員)

海上自衛隊の潜水員は水中処分員EOD員」と呼ばれます。仕事内容は、機雷掃海(海の中で発見された不発弾や機雷等爆発物の処分)と、深海潜水(遭難した潜水艦乗員の救助)がメインとなっています。

使用する機材も閉鎖式スクーバや半閉鎖式スクーバなどの特殊なものが多く、飽和潜水システムを使用しての深深度潜水など、特殊で危険な作業が多くなっています。

それだけに水中処分員になるための応募資格等は非常に厳しい上に道のりも長く、訓練も非常に過酷です。

水中処分員の動画

航空自衛隊の航空救難員

航空自衛隊の航空救難員も潜水員の資格が必要です。

航空救難員は過酷な条件で救難活動を行う救難隊員のことで、航空自衛官として勤務後に、選抜試験を受けることになります。航空救難員の仕事内容は非常に過酷なことからも、この選抜試験の段階から高い身体能力を求められます。

勿論、選抜試験後も、晴れて航空救難員としてデビューした後も、常に高い身体能力と冷静な判断を求められる、非常に過酷な仕事です。

yVs

PAGE TOP