潜水士関連書籍(写真集・ムック)

潜水士関連の写真集・ムックです。
言うまでもなく、海猿のおかげで、このジャンルは非常に種類が充実しています。

潜水士関連書籍いろいろ

JAPAN COAST GUARD―海上保安庁写真集 JAPAN COAST GUARD―海上保安庁写真集 楽天ブックス Amazon

海上保安庁を撮り続けている岩尾克治氏の写真集。巡視船艇ヲタの貴方にオススメの一冊です。
サイズがコンパクトなので、実際に船を見学する際にも持ち歩けるのがいいかも。海猿が大ブームになった後の本にしては、ミーハー度も低いのが好感が持てます。

JAPAN COAST GUARD〈2〉―海上保安庁写真集 JAPAN COAST GUARD〈2〉―海上保安庁写真集 楽天ブックス Amazon

上の写真集の第二弾。カメラマンは引き続き岩尾克治氏です。
第一弾よりもこちらの方が潜水士の写真が多いので、潜水士に興味があるならこちらがオススメ。DVDも付いててお得な内容です。

海上保安庁特殊救難隊―限りなき挑戦 海上保安庁特殊救難隊―限りなき挑戦 楽天ブックス Amazon

海保の特殊救難隊の仕事内容を詳細に記録・紹介している本です。事故や失敗などの事例も紹介しており、単なる海保ヲタのための本ではない、硬派な内容になっています。
お値段はちょっと高いですが、買って損はない良質な内容の書籍です。海保の潜水士を本気で目指している方にもオススメ。

海上保安庁の仕事-素顔の“海猿”に迫る! 海上保安庁の仕事-素顔の“海猿”に迫る! 楽天ブックス Amazon

海猿ブームに乗っちゃったよ感がハンパない本。中身は「THE LAST MESSAGE 海猿」のストーリー紹介や、メイキング・伊藤英明インタビューなどに結構なページを使っています。
だけどミーハーな内容ばかりなのかと思いきや、海保の海上テロ専門の特殊警備隊(SST)の紹介があったり、意外と侮れない内容になっています。

海上保安庁の力 2―もっと知りたい! 海猿の世界 海上保安庁の力 2―もっと知りたい! 海猿の世界 楽天ブックス Amazon

これも上記の海上保安庁の仕事-素顔の“海猿”に迫る!に近い内容です。ただこっちの方が海保の仕事内容がわかりやすいかなーという気はします。大まかな中身はあんまり変わんないですけど。
個人的には、実際の現場で働く隊員たちの愛用している持ち物を紹介してるのは面白かったです。

実録「海猿」の世界 海上保安庁最前線 実録「海猿」の世界 海上保安庁最前線 楽天ブックス Amazon

個人的には海保関連のムック本ではこれが一番わかりやすい内容だと思います。ただ、ムック本の中ではタイトルと表紙がグンを抜いてダサいのが残念です(笑)私は「機動救難士が体験した極限からの帰還のコーナー」を興味深く読みました。
海保の潜水士の写真も多数掲載されていますので、興味のある方は是非。

PAGE TOP