潜水士関連書籍(一般書籍)

潜水士関連の書籍を集めてみました。正直、潜水士と海猿が切っても切れないぐらいの知名度なので、潜水士と言うよりも、ほとんどが海上保安庁関連の書籍になってしまいました。
こうやって見ると、純粋に「潜水士」のみを扱った書籍って、案外少ないもんですね。

潜水士関連書籍いろいろ

潜水士 潜水士 ※現在、購入不可。古本屋さんなどを探してみて下さい。

そのまんまのタイトルです。海保の潜水士ではなく、一般的な水中土木作業や工事等に従事する潜水士達について詳しく紹介されています。
これがいわゆる一般的な「潜水士」について、一番詳しく解説している本ではないでしょうか。地味だけど過酷な土木作業の潜水士の仕事について詳しく知りたい方は是非!

東日本大震災 そのとき海上保安官は 東日本大震災 そのとき海上保安官は 楽天ブックス Amazon

平成23年3月11日の東日本大震災における海上保安官の方々の仕事の記録の本。潜水士の仕事と言うよりも海保全般の、災害現場での仕事内容がとてもよくわかる内容になっています。
写真も多数掲載されていますので、海保に興味のある方には是非読んで頂きたい書籍です。

海上保安庁特殊救難隊―限りなき挑戦 海上保安庁特殊救難隊―限りなき挑戦 楽天ブックス Amazon

海保の特殊救難隊の仕事内容を詳細に記録・紹介している本です。事故や失敗などの事例も紹介しており、単なる海保ヲタのための本ではない、硬派な内容になっています。
お値段はちょっと高いですが、買って損はない良質な内容の書籍です。海保の潜水士を本気で目指している方にもオススメ。

実録「海猿」の世界 海上保安庁最前線 実録「海猿」の世界 海上保安庁最前線 楽天ブックス Amazon

個人的には海保関連のムック本ではこれが一番わかりやすい内容だと思います。ただ、ムック本の中ではタイトルと表紙がグンを抜いてダサいのが残念です(笑)私は「機動救難士が体験した極限からの帰還のコーナー」を興味深く読みました。
海保の潜水士の写真も多数掲載されていますので、興味のある方は是非。

海上保安庁特殊部隊SST 海上保安庁特殊部隊SST 楽天ブックス Amazon

もう潜水士とは関係ない本になってしまいましたが、読んでみたら結構面白かったので紹介しておきます。
元海上保安官で元海上保安庁特殊警備隊隊長が著者。ただ、この人については色々とアレな話があるみたいですので、話半分で読むのが良いかと思います…。やっぱ元○○と名乗っている人は、色々あるんですかねえ。

PAGE TOP