潜水士試験の具体的な勉強方法と役に立つオススメサイト

前述しておりますが、潜水士試験は暗記問題が多く、しっかりと内容を覚えておくことが大切です。
その他にも多少ではありますが、計算問題も出題されます。
なので、限られた時間で潜水士試験の勉強をする場合は、ポイントを押さえて効率的に勉強することが大切です。

潜水士試験、どうやって勉強するべき?

潜水士試験は独学でお金をかけなくても十分に合格可能な試験です。
ただ、「潜水士試験」で検索してみるとわかりますが、潜水士試験のセミナーなどが積極的に開催されており、参加すべきかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか。
筆者の偏見ですが、潜水士の仕事を目指す方以外は、特にセミナーには参加しなくても良いと思っています。
実際、私は趣味の一環で受験したので、潜水士テキストも買わず、問題集を何冊か買って勉強して、1回の受験で合格しました。
でも、今となっては、せめて潜水士テキストは買っておけば、もう少し効率良く勉強出来たかもしれないと思っています。

潜水士テキスト 潜水士テキスト- 送気調節業務特別教育用テキスト -

潜水士試験を受験するのならば、とりあえず購入しておいた方が良いテキスト。
潜水士テキストを購入しなくても潜水士試験に合格することは可能ですが、買っておいた方が試験勉強をやりやすいでしょう。
他の問題集参考書などの過去問でわからないことがあったら、内容を確認するためにも、手元に一冊は持っておきたいテキストです。
楽天ブックスAmazon

筆者の具体的な勉強方法

私の勉強法は、 1)ひたすら過去問題をやる 2)わからない箇所は後で理解できるまで調べる の繰り返しです。わからない箇所は、ノートを作って繰り返し勉強しました。 潜水士試験の要点まとめを無料公開しています
PC・スマートフォン.タブレット端末対応!
潜水士試験に出やすい項目をざっくりとまとめてみました。
ただ、あくまでも素人が作ったものですので、その点は御了承下さい。

潜水士試験の試験勉強に役立つ参考サイト

このサイトでも潜水士試験の試験勉強のまとめを公開していますが、他のサイトでもっとわかりやすくまとめてあるサイトがありますのでご紹介しておきます。

合格する!潜水士試験NET講座・概要

こちらのサイトが一番参考にさせていただいたサイトです。要点集のページがあるのですが、私はこれを利用してノートを作成しました。

潜水士の試験問題と解答

過去の試験問題が配布されています。プリントアウトして、何度も解くのに利用させて頂きました。

潜水士試験の無料講座へようこそ!

試験内容の概要が項目別に解説されていて便利。概要は電子辞書でも無料配布しておりますので、スマートフォンでどこでも勉強できます。 yVs

PAGE TOP